Web Analytics Made Easy - StatCounter

aotakoblog

FIREへの道!目指せ6000万円

RWX vs IFGL vs VPN vs 1495 vs 1555 vs 2515【投資先としての「世界」不動産ETF】

f:id:aotakoblog:20210509003051j:plain

こんにちは!
FIREを目指す、40代独身会社員のaotakoです。

先日、アメリカ不動産ETFについて説明しましたが、
今日はアメリカ以外の世界の不動産ETFについて焦点を当てて説明していきます。

 

aotakoblog.hatenablog.com

 

RWX vs IFGL vs VPN vs 1495(アジア)vs 1555(豪州)vs 2515(先進国(除く日本))

現状SBI証券楽天証券で購入できる世界の不動産ETFは6つあります。 

銘柄

管理会社

純資産
(100万ドル)

平均
出来高

経費率

年初来
リターン

5年
リターン

RWX

ステートストリート

$ 931.80

 248,866.0

0.59%

8.55%

16.54%

IFGL

ブラックロック

$ 256.33

  25,894.0

0.48%

8.42%

29.25%

VPN

グローバルX

$ 466.88

  29,209.0

0.50%

3.85%

設定日
2020年10月27日なのでデータなし

1495

日興AM

(42億円)

   390.0

0.70%

5.13%

設定日
2017年6月29日なのでデータなし

1555

日興AM

(134億円)

   6,440.0

0.45%

6.58%

5.01%

2515

野村

(74億円)

   73,140.0

0.17%

20.45%

設定日2017年12月7日なのでデータなし

(出典:5月7日付ETF DB、bloomberg

 

資産規模、平均出来高ともにRWXが一歩抜きんでています。

日本で買えるアジアETFの1495は出来高が低すぎて(流動性がない=すぐにお金に替えられない)、オススメできません。

経費率は2515がピカイチで低いです!

 

配当率は

銘柄

配当率

経費率

RWX

2.58%

0.59%

IFGL

1.97%

0.48%

VPN

0.29%

0.50%

1495

2.45%

0.70%

1555

3.38%

0.45%

2515

2.45%

0.17%

 1555(豪州)が一番です。

まとめ

f:id:aotakoblog:20210509141440p:plain

ここ5年のパフォーマンスをグラフにすると1555VPN25151495IFGLRWX
の順となっています。

以上から、世界不動産の投資先としては、経費率が0.45%と少々高いものの、配当率とパフォーマンスが良い
1555
が良さげに見えます。
(実は米国株を知らなかったときにaotakoも100株ですが1555を買っています…
 1700円位になったら売り抜けて米国株を買います!)

ただ、パフォーマンスは米国株価に劣後していますし、株式との連動性も高いので、
投資先としてそこまで魅力的には見えません。

よって、aotakoは追加で不動産ETFには投資しません。

 

目指せFIRE!