Web Analytics Made Easy - StatCounter

aotakoblog

FIREへの道!目指せ6000万円

投資先としての世界(除くアメリカ)【VXUS】【VEU】【VSS】【ACWX】

f:id:aotakoblog:20210523130442j:plain

こんにちは!
FIREを目指す、40代会社員のaotakoです。

 

先日までにアメリカを除く先進国と新興国ETFを見てきました。

aotakoblog.hatenablog.com

aotakoblog.hatenablog.com

 

アメリカ以外をまとめて買えないのか?
そう思われる方も中にはいらっしゃると思います。

そんな方にピッタリなのが、アメリカを除く世界全体に投資するETFです。 

 

VXUS vs VEU vs VSS vs ACWX

銘柄

管理会社

純資産
(100万ドル)

平均
出来高

経費率

配当率

年初来
リターン

5年
リターン

VXUS

バンガード

$49,106.70

3,085,452

0.08%

1.98%

12.34%

72.85%

VEU

バンガード

$35,560.90

2,410,943

0.08%

1.86%

11.89%

73.78%

VSS

バンガード

$9,710.33

322,371

0.11%

1.66%

14.77%

67.77%

ACWX

ブラックロック

$4,375.18

1,427,578

0.32%

1.89%

11.61%

70.81%

(出典:2021年6月11日付ETF DB)

 

VXUS

「FTSE Global All Cap ex US Net US RIC」という指数に連動し
保有銘柄数7972
トップ10のセクター構成

f:id:aotakoblog:20210613133113p:plain

1位金融、2位テクノロジー、3位産業

 

f:id:aotakoblog:20210613140244p:plain

投資対象国 1位日本 2位中国 3位イギリス

VEU

「FTSE All World ex US Net TR US RIC」という指数に連動し
保有銘柄数3251(VXUSと違い大型株で構成)
トップ10のセクター構成

f:id:aotakoblog:20210613133410p:plain

1位金融、2位テクノロジー、3位産業
(ただし、VXEUと若干の%差あり)

 

f:id:aotakoblog:20210613140514p:plain

投資対象国 1位日本 2位中国 3位イギリス

VSS

「FTSE Global ex US Small Cap Index Net Tax (US RIC)」という指数に連動し
保有銘柄数4037(VXUSと違い小型株で構成)
トップ10のセクター構成

f:id:aotakoblog:20210613133718p:plain

1位金融、2位産業、3位消費財景気循環
(テクノロジーの順位が4位と低いことが特徴的)

 

f:id:aotakoblog:20210613140708p:plain

投資対象国 1位カナダ 2位日本 3位イギリス
(カナダの割合が多く、中国の割合が小さいのが特徴的)

ACWX

MSCI ACWI ex USA Index」という指数に連動し
保有銘柄数1840(VXUSと違いかなり絞られている)
トップ10のセクター構成

f:id:aotakoblog:20210613134054p:plain

1位金融、2位テクノロジー、3位産業
(ただし、VXEUと若干の%差あり)

 

f:id:aotakoblog:20210613140941p:plain

投資対象国 1位日本 2位中国 3位イギリス

 

 

資産は VXUS>VEU>VSS>ACWX
ですが、最下位のACWXでも十分な資産額を持っています。

出来高は VXUS>VEU>ACWX>VSS
短期目的で売買するのであれば、VSSは避け、VXUSを選択するのが良さげです。

経費率は VXUS=VEU>VSS>>ACWX
VSSも低いですが、それよりもVXUSとVEUの経理率の低さがひかります。

配当率は VXUS>ACWX>VEU>VSS
全てが1.6%超と普通より高めですが、最高のVXUSでも1.98%と高配当ではありません。

年初来リターンはVSS>VXUS>VEU>ACWX

5年リターンはVEU>VXUS>ACWX>VSS

小型株で構成されるVSSはリターンの浮き沈みが激しく、
一番分散が効いているVXUSが安定したパフォーマンスを出しています。

 

まとめ

アメリカを除く世界全体をマルっと投資でき、一番安定している VXUS

アメリカを除く世界の大型株に投資できる VEU

アメリカを除く世界の小型株に投資できる VSS

アメリカを除く世界全体をマルっと投資できるが、経費率が高いため長期保有に向かず、投資対象も少ないというVXUSの劣化小型版 ACWX

とそれぞれのETFに特徴があったのかな、と思います。

冒頭で述べましたように、アメリカ以外をまとめて買いたいという方にはよい選択肢です。

ただ、aotakoとしては、どうしても【オワコン】である日本の割合の高さが目につきます。
国別GDPや株式市場規模を考えれば妥当なのかもしれませんが、成長性がないものにこれほど突っ込まれるのはいやなので、
VXUSで一括で買うのではなく、
VWO+VEA(ローリング)で、先進国の割合を調整しながら買っていきます。

目指せFIRE!

 

※国別の投資割合は各ファクトシートより引用