Web Analytics Made Easy - StatCounter

aotakoblog

FIREへの道!目指せ6000万円

【情報技術セクター】セクターETF解説【XLK】【VGT】【TECL】

f:id:aotakoblog:20210808141335j:plain

こんにちは!
FIREを目指す、40代会社員のaotakoです。

先日、米国株が11のセクターに分かれていることをご報告しました。
aotakoblog.hatenablog.com

今回は、その11のセクターの一つである「情報技術セクター」(Information Technology)セクターのETFについて見ていきます。

なお、情報技術セクターは、ソフトウェア、コンピュータ・周辺機器、半導体などの業種に分類される企業で構成されています。

 

XLK vs VGT vs TECL

銘柄

管理会社

純資産
(100万ドル)

平均
出来高

経費率

配当率

年初来
リターン

5年
リターン

XLK

ステートストリート

$44,865.9

6,916,574

0.12%

0.69%

19.6%

252.1%

VGT

バンガード

$49,509.2

507,203

0.10%

0.63%

18.1%

276.2%

TECL

Rafferty

$2,714.4

1,758,091

1.08%

0.30%

56.6%

1292.1%

(出典:2021年8月6日付ETF DB)

 

資産 VGT>XLK>TECL

出来高 XLK>TECL>VGT

経費率 VGT<XLK<TECL

配当率 XLK>VGT>TECL

年初来リターン TECL>XLK>VGT

5年リターン TECL>VGT>XLK

 

XLK

保有銘柄数 76

f:id:aotakoblog:20210808144940p:plain

f:id:aotakoblog:20210808144954p:plain


VGT

保有銘柄数 359

f:id:aotakoblog:20210808145024p:plain

f:id:aotakoblog:20210808145036p:plain


TECL(3倍レバレッジ

保有銘柄数 77

f:id:aotakoblog:20210808145340p:plain

f:id:aotakoblog:20210808145354p:plain



まとめ

短期目的であれば、3倍のレバレッジが掛かっており、圧倒的にリターンに優れるTECLが良いと思います。

長期目的では、資産規模、かつ経費率に勝るVGTは良い選択肢です。
平均出来高を重視するのであればXLKも考えられます。

3者ともリターンはプラスで、リターンがS&P500を上回ります!

したがって、aotakoは短期的に折を見て情報技術セクターに個別に投資することにしました。

以上、ご参考になれば幸いです。

目指せFIRE!