Web Analytics Made Easy - StatCounter

aotakoblog

FIREへの道!目指せ6000万円

投資先としてのシンガポール(除く株式)【ABFB】【DCSX】【LIOP】

f:id:aotakoblog:20210609143924j:plain

こんにちは!
FIREを目指す、40代会社員のaotakoです。

 

先日はシンガポールETF(株式)についてご紹介しました。
aotakoblog.hatenablog.com

今回は、シンガポールの株式以外のETFについてご紹介したいと思います。

 

 ABFB(債券) vs DCSX(国債) vs LIOP(REIT

銘柄

管理会社

純資産
(100万SGD

平均
出来高

経費率

配当率

年初来
リターン

5年
リターン

ABFB

日興

$998.280

247,020

0.25%

2.04%

-3.53%

2.54%

DCSX

ドイツ銀行グループ

$132.915

0

0.20%

-

-

-

LIOP

Lion Global Investors

$222.082

571,500

0.60%

4.09%

2.73%

設立日が2017年10月30日のためデータなし

(出典:2021年6月11日付Bloomberg

 

純資産はABFB(債券)>LIOP(REIT)>DCSX(国債

出来高はLIOP(REIT)>ABFB(債券)>DCSX(国債
ただ、DCSXは出来高が「0」なので、既に死んでいるETFと思われますので、この時点で考慮対象から除外します。

経費率はABFB(債券)<LIOP(REIT

配当率はLIOP(REIT)>ABFB(債券)
LIOPは4%を超えており、高配当といえます。

年初来リターンはLIOP(REIT)>ABFB(債券)
LIOPはプラスですが、債券のABFBはコロナ禍を受けての低金利政策のせいかマイナスです。

5年リターンで見るとABFB(債券)は辛うじてプラスです。
LIOP(REIT)は5年のデータはありませんが、3年のデータでみると7.95%です。

 

まとめ

既に死んだも同然のDCSXは論外として、
ABFB(債券)やLIOP(REIT)は、日本やアメリカしか見ていなかった人には新鮮に映るのではないでしょうか?

aotakoも通貨分散も兼ねて、高配当のLIOPだったら、FIRE「後」の投資の選択肢とするのはアリだと思いました。

ただ、FIREを考えた場合、リターンの少なさが目につきますので、aotakoは投資しないことにしました。

目指せFIRE!