Web Analytics Made Easy - StatCounter

aotakoblog

FIREへの道!目指せ6000万円

投資先としてのシンガポール【EWS】【NISE】【DSIN】

f:id:aotakoblog:20210609143924j:plain

こんにちは!
FIREを目指す、40代会社員のaotakoです。

 

シンガポール。皆さんどのようなイメージ持たれてますか?

aotakoだと、FIREを知るきっかけになった中田さんが移住した国で、都市国家
ビジネスがしやすい環境で、アジアの中で大きな金融センターという認識です。
aotakoblog.hatenablog.com

 

その他にも治安がいいとか、教育がいいとか、様々なことを聞きますが、
投資先としてのシンガポールETFシンガポールの債券、国債REITは除く)はどうなのか?
これについて今日は解説していきます。

なお、以下で取り上げるDSINは楽天証券でしか買えないようですので、注意してください。

EWS(米国株) vs NISE(シンガポール株(大型)) vs DSIN(シンガポール株(全体))

銘柄

管理会社

純資産
(100万ドル)

平均
出来高

経費率

配当率

年初来
リターン

5年
リターン

EWS

ブラックロック

$714.90

662,958

0.51%

2.68%

11.86%

37.35%

NISE

日興

$434.43

142,980

0.30%

3.74%

12.40%

34.66%

DSIN

ドイツ銀行グループ

$42.80

0.0

0.50%

0.00%

11.12%

41.55%

(出典:2021年6月11日付ETF DB、楽天証券

 

資産・出来高は EWS>NISE>DSIN
DSINの出来高で「0」がついていますが、これは売買が成立しなかったということであり、流動性に欠け、いつ償還が始まってもおかしくない、危険なETFといえます。
長期保有の観点からはこの時点でDSINはOUTです。

経費率は NISE<DSIN<EWS
ただし、シンガポール株は米国株を買うよりも買付手数料が高いので、超長期で見ないとNISE、DSINに優位性は出てきません。

配当率は NISE>EWS>DSIN
NISEの配当率は3.7%超と高配当といえる水準です。EWSも2.6%超と普通より高めです。DSINは配当がありません。

年初来リターン NISE>EWS>DSIN
5年リターン DSIN>EWS>NISE
となっていますが、思ったより差がないというのが正直な感想です。

 

まとめ

シンガポールの特殊出生率は、1.14人(2018年)と、日本よりも少ない水準にあり、

人口ボーナスは終了しており、爆発的な成長は見込めないと考えるべきです。

確かにNISEは配当率は3.7%超と高配当といえる水準で
5年で30%成長していますが、
これからもそうであるという、青写真をaotakoは描けませんでした。
したがいまして、シンガポール単体のETFには投資しないことにしました。

もちろんシンガポールという国に魅力を感じるのであれば米ドル建てであればEWS
シンガポールドル建てであればNISE
という選択肢はよい選択肢となるでしょう。

目指せFIRE!