Web Analytics Made Easy - StatCounter

aotakoblog

FIREへの道!目指せ6000万円

【一般消費財セクター】セクターETF解説【XLY】【VCR】

f:id:aotakoblog:20210804083637j:plain

こんにちは!
FIREを目指す、40代会社員のaotakoです。

先日、米国株が11のセクターに分かれていることをご報告しました。
aotakoblog.hatenablog.com

今回は、その11のセクターの一つである「一般消費財」(Consumer Discretionary)セクターのETFについて見ていきます。

なお、一般消費財セクターは、自動車やアパレル、レジャー用品、ホテル、レストランなどといった消費者向け小売と製造業、サービス業企業の集合体を指します。

 

XLY vs VCR

銘柄

管理会社

純資産
(100万ドル)

平均
出来高

経費率

配当率

年初来
リターン

5年
リターン

XLY

ステートストリート

$19,674.1

4,074,142

0.12%

0.62%

12.9%

135.7%

VCR

バンガード

$6,618.8

91,395.0

0.10%

1.36%

15.0%

164.7%

(出典:2021年8月2日付ETF DB)

 

資産 XLY>VCR

出来高 XLY>VCR

経費率 VCR<XLY

配当率 VCR>XLY

年初来リターン VCR>XLY

5年リターン VCR>XLY

 

XLY

保有銘柄数 64

f:id:aotakoblog:20210804085326p:plain

f:id:aotakoblog:20210804085341p:plain



VCR

保有銘柄数 298

f:id:aotakoblog:20210804085404p:plain

f:id:aotakoblog:20210804085415p:plain


まとめ

短期目的であれば、平均出来高に勝るXLYが良いと思います。

長期目的では、配当率-経費率に勝り、リターンもXLYよりよいVCRの方が良いと思います。

なお、両者とも5年リターンがS&P500に勝っています…
したがって、aotakoは一般消費財セクターへの個別に投資を検討することにしました。
(ボーナス時でのローリング候補に入れます!)

以上、ご参考になれば幸いです。

目指せFIRE!