aotakoblog

FIREへの道!目指せ6000万円

【脱・貧困】お金の作り方!【おすすめ節約法③】

お金がない。。。【おすすめ節約法③】

f:id:aotakoblog:20210401131927j:plain


こんにちは!
FIREを目指す、40代独身会社員のaotakoです。

 

前回のお金がない人のためのおすすめ節約法②では、スマートフォン格安SIM・プランへの乗り換えを取り上げました。

 

今回は、スマートフォン格安SIM・プランへの乗り換えを考えている人に、スマートフォンの乗り換えに合わせてaotakoが実践した、お金を貯めるための、簡単な、おすすめ節約法その③をお教えします。

 

スマートフォンの乗り換えに合わせて考えたい】光回線プロバイダ

f:id:aotakoblog:20210403192114j:plain

結論から先にいいます。
最大の節約法は、スマートフォンテザリングで我慢し、途中解約時の違約金を支払ってでも光回線を解約する!
です。

テザリングで我慢できてりゃ光回線なんて契約してねーよ!」という声が聞こえてきそうです(笑)
テザリングじゃ遅いし、物足りないんですよね。。。
そんなアナタにおすすめなのは、スマートフォンのキャリアに合わせてプロバイダを乗り換える、です。

これであれば生活の水準を落とさず節約できます
aotakoもスマートフォンのキャリアに合わせた光回線プロバイダにしています!

【キャリア別】おすすめ光回線プロバイダ

おすすめの光回線プロバイダの乗り換え先は、スマートフォンとのセット割引が適用されるスマートフォンと同系の光回線プロバイダです(セット割引がないスマートフォンを使っている場合は、単純に月額料金が安い回線です)。
なぜなら、
UQモバイルであれば「ビッグローブ光」、
Y!mobileであれば「ソフトバンク光」、
楽天モバイルであれば「楽天ひかり」、
BIGLOBEモバイルであれば「ビッグローブ光」、
IIJmioであれば「IIJmioひかり
OCN モバイル ONEであれば「OCN光」、
分かりづらいところだと LIBMOであれば@TCOMヒカリと、
同系の光回線であれば必ず安くなるからです

ちなみに、docomoスマートフォンであれば「ドコモ光」、
au
であれば「auひかり」などのスマートバリュー対象回線(「auひかり」「So-net光プラス」「eo光ネット」「@TCOMヒカリ」「@nifty光」「ビッグローブ光」等)、
Softbankであれば「ソフトバンク光」「NURO 光
であれば安くなりますが、
docomoの「ahamo」、auの「povo」、Softbankの「LINEMO」は光回線とのセット割がないので、例外で、これらの場合は単純に月額料金が安い回線を選ぶ方がトータルで安くなります

他のセット割引がないスマートフォン、たとえばAEON MOBILE
mineo(※mineoは「EO光」だと特典(6GBパケットに相当するeoチケット進呈)はありますが、毎月安くなるわけではありません)も同様に単純に月額料金が安い回線を選ぶ方がトータルで安くなります

 

ご参考までにセット割やキャンペーン適用での割引を含まず、2年または3年契約での月額基本料金を比較してみました。

 

戸建て 月額

マンション 月額

契約期間

途中解約の違約金

OCN光

5,610円

3,960円

2年

11,000円
(不課税)

@TCOMヒカリ

5,610円

4,180円

2年

13,200円

ソフトバンク光

5,720円

4,180円

2年

10,450円

楽天ひかり

5,280円

4,180円

3年

10,450円

ビッグローブ光

5,478円

4,378円

3年

11,900円
(不課税)

ニフティ光

5,720円

4,378円

2年

10,450円

ドコモ光

5,720円(タイプA)
5,940円(タイプB)

4,400円(タイプA)
4,620円(タイプB)

2年

戸建て
14,300円
マンション
8,800円

So-net光プラス

6,138円

4,928円

3年

20,000円
(不課税)

NURO 光

5,217円

5,217円

2年

10,450円
+撤去費

auひかり

5,610円

4,180円(V16)

戸建て
3年
マンション
最低6ヵ月利用

戸建て
16,500円+撤去費
マンション
残期間料金

フレッツ光

4,730円~
(+別途プロバイダ契約必須)

3,135円~
(+別途プロバイダ契約必須)

2年

戸建て
11,000円
マンション
7,700円

光回線の基本料金を比べてみると
マンションについては【OCN光】が一番安く、
戸建て向けでは【NURO光】が一番安いです。
(ちなみに光回線の【速度】は「くらべてネット」さんの記事「【実測値で比較】光回線の速度ランキング!最速のインターネットを決定|くらべてネット」によるとNURO光が1位のようです)

 

 【年間3960円節約】一生続く賢い節約

f:id:aotakoblog:20210401132345j:plain


今回の光回線の乗り換えは、上手に乗り換えれば、生活の水準を落とさずに、簡単に節約することができます。

aotakoは「BIGLOBEモバイル」+「ビッグローブ光」で、「光☆SIMセット割」対象となり330円/月、年間3960円、節約しています。

スマートフォンのキャリア変更の機会に、光回線プロバイダも見直してお金を作っていきましょう!

目指せFIRE!!

 

ご参考(過去記事):

aotakoblog.hatenablog.com

 

aotakoblog.hatenablog.com