Web Analytics Made Easy - StatCounter

aotakoblog

FIREへの道!目指せ6000万円

【セクター別】米国株投資

f:id:aotakoblog:20210730134717j:plain

こんにちは!
FIREを目指す、40代会社員のaotakoです。

 

 

日本だと東証33業種と、TOPIX-17のように、業種が分けられていますが

アメリカでもセクター別けがなされているのをご存知でしょうか?

(aotakoは恥ずかしながら、知りませんでした)

 

本日はアメリカのセクター別けについて報告します。

 

 

GICSとICB

GICS(Global Industry Classification Standard:世界産業分類基準)とは、
アメリカの格付け機関S&P(Standard & Poor's:スタンダード&プアーズ)と、
株価指数を算出しているMSCIMorgan Stanley Capital International:モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)が1999年に共同して開発したものになります。

それに対し、ICBIndustry Classification Benchmark :業種分類ベンチマーク)とは、
FTSE Russellブランドで事業を展開するFTSEインターナショナル社が設定している分類となります(FTSEはRussell2000等の指標を管理している会社です)

 

GICSとは

全体を大きく【11のセクター】に分類し、
その下に24の産業グループ、
69の産業、
158の産業サブグループという
4層のピラミッド構造となっています。

f:id:aotakoblog:20210801072539p:plain

MSCIHPより引用)

 

11のセクターは

  • エネルギー(Energy)
  • 素材(Materials)
  • 資本財(Industrials)
  • 一般消費財(Consumer Discretionary)
  • 生活必需品(Consumer Staples)
  • ヘルスケア(Health Care)
  • 金融(Financials)
  • 情報技術(Information Technology)
  • 通信サービス(Communication Services)
  • 公益事業(Utilities)
  • 不動産(Real Estate)

となっています。

 

ICBとは

ICBも全部で【11のセクター】分類からなっています。

2021年3月19日に刷新され、以下のような分類に変更されました。

  • エネルギー(Energy)
  • 素材(Basic Materials)
  • 資本財(Industrials)
  • 一般消費財(Consumer Discretionary)
  • 生活必需品(Consumer Staples)
  • ヘルスケア(Healthcare)
  • 金融(Financials)
  • 情報技術(Technology)
  • 情報通信(Telecommunications)
  • 公益事業(Utilities)
  • 不動産(Real Estate)

GICSとは微妙に違いがあります。

覚えておきたいのは「通信関連」のセクターの違いです。

 

まとめ(GICSとICBの通信関連セクターの違い)

GICS【Communication Services(通信サービス)】

通信サービス会社に加え、ネットを通したコミュニケーションツールや娯楽も含む。

例:DIS(ディズニー)、NFLX(Netflix)、GOOGL(アルファベット)、FB(フェイスブック)など

ICB【Telecommunications(情報通信)】

いわゆる狭義の「通信サービス」が対象。

例:T(AT&T)、VZ(ベライゾン)など

 

まあ、特にきっちり覚えておく必要はないと思いますが、
なんで同じ「通信」関連なのにセクター名が違うんだろうと疑問に感じたときには、
この違いを思い出していただければと思います。

 

このように、GICSとICBの2つの基準がありますが、
大きく11の分類があることは同じなので、
細かいことは気にする必要はないと考えます。

ちなみに、S&P500におけるセクター別内訳は以下の通りです。

f:id:aotakoblog:20210801154410p:plain

f:id:aotakoblog:20210801154424p:plain

(1位:情報技術、2位:ヘルスケア、3位:一般消費財

※データ出所:S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス(2019年12月31日時点)

 

次回から、個々のセクターを見ていきます。

目指せFIRE!