Web Analytics Made Easy - StatCounter

aotakoblog

FIREへの道!目指せ6000万円

投資先としてのアメリカ株式主要指数【Russell2000】

f:id:aotakoblog:20210718221102j:plain

こんにちは!
FIREを目指す、40代会社員のaotakoです。

 

過日、アメリカをまるっと投資するVTIを紹介しましたが、アメリカにも、日本でいう日経225やTOPIXのような主要な株価指数というものが存在します。

aotakoblog.hatenablog.com

今日はそんなアメリカの株式主要指数の一つであり、小型株の代表的指数である【Russell2000】についてのETFをご報告します。

 

IWM vs VTWO

銘柄

管理会社

純資産
(100万ドル)

平均
出来高

経費率

配当率

年初来
リターン

5年
リターン

IWM

ブラックロック

$65,555.2

26,228,510

0.19%

0.87%

10.0%

91.3%

VTWO

バンガード

$5,777.0

786,377

0.10%

1.51%

10.0%

92.3%

(出典:2021年7月16日付ETF DB)

 

同じ指数【Russell2000】に基づくIWMとVTWOですが、
保有銘柄数、
トップ10の割合が異なります。

 

IWMの保有銘柄数は1990

トップ10の割合は

f:id:aotakoblog:20210718223705p:plain

f:id:aotakoblog:20210718223719p:plain

 

VTWOの保有銘柄数は2030

トップ10の割合は

f:id:aotakoblog:20210718223826p:plain

f:id:aotakoblog:20210718223841p:plain

 

微妙な差ではありますが、これが配当率と5年リターンの差になっていると考えられます。

 

まとめ

短期保有目的であれば、資産規模も大きく、出来高も多いIWMに軍配が上がります。

長期保有目的であれば、経費率が低く、配当率、5年リターンの高いVTWOに軍配が上がります。

ただ、Russell2000に代表される小型株はリスクオフ時には弱くなり、S&P500のパフォーマンスを凌駕するものではありませんので、aotakoとしては投資しないこととしました。
(小型株を入れつつパフォーマンスを上げたいのでしたらVTIでよいかと思います)

以上、ご参考になれば幸いです。

目指せFIRE!