Web Analytics Made Easy - StatCounter

aotakoblog

FIREへの道!目指せ6000万円

投資先としての全世界【VT】【ACWI】【SPGM】

f:id:aotakoblog:20210529212621j:plain

こんにちは!
FIREを目指す、40代会社員のaotakoです。

 

いままで、先進国、新興国
アメリカとアメリカ以外と分けてみてきましたが、
分けて買うのが面倒くさいと感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

aotakoblog.hatenablog.com

 

aotakoblog.hatenablog.com

 

aotakoblog.hatenablog.com

 

aotakoblog.hatenablog.com

 

今日はそんな方にピッタリの
全世界にまるっと投資できるETF3つを比較していきます。
(VTとACWIは、SBI証券楽天証券で買えます。)

 

VT vs ACWI vs SPGM

銘柄

管理会社

純資産
(100万ドル)

平均
出来高

経費率

配当率

年初来
リターン

5年
リターン

VT

バンガード

$22,013.2

1,647,239

0.08%

1.65%

13.4%

102.5%

ACWI

ブラックロック

$16,989.9

2,826,606

0.32%

1.39%

13.1%

101.6%

SPGM

ステートストリート

$591.6

77,298

0.09%

1.58%

15.1%

100.4%

(出典:2021年7月7日付ETF DB)

 

資産は VT>ACWI>>SPGM

出来高はACWI>VT>>SPGM

経費率はVT>SPGM>>ACWI

配当率はVT>SPGM>ACWI

年初来リターンはACWI>VT>SPGM

5年リターンはVT>ACWI>SPGM

※SPGMは年初来リターンのみ最高ですが、5年リターンは最低であり、
 かつSBI証券楽天証券では買えませんので、以下ではVTとACWIに絞って見ていきます。

 

VTとACWIのパフォーマンスを比較すると以下の通りです。

VTの方がいいですね。経費率の違いが影響していると考えられます!

f:id:aotakoblog:20210708113215p:plain

VT

保有銘柄数:8996

f:id:aotakoblog:20210708113433p:plain

f:id:aotakoblog:20210708113504p:plain

f:id:aotakoblog:20210708115233p:plain



ACWI

保有銘柄数:2308

f:id:aotakoblog:20210708113625p:plain

f:id:aotakoblog:20210708113710p:plain

f:id:aotakoblog:20210708115020p:plain



保有銘柄数はVTが8996であるのに対し、
ACWIは2308と分散が効いていません。

上位保有銘柄10はVTにTencentが入っているのに対し、TSMCが入っていないくらいの違いにとどまります。
しかし、保有割合は保有銘柄数に応じて、VTの方が1個の銘柄の割合が低くなっており、分散が効いています。

 

まとめ

短期目的での売買なら、出来高が最も多いACWIも良い選択肢になりえますが
VTの出来高も十分あり、ここは好みに応じて判断するのが良いでしょう。

長期目的なら、分散性、資産規模、経費率、配当率、リターンと申し分のないVTが良い選択肢になります。

aotakoはオワコンである日本が6%以上、その他の成長が終わったいわゆる先進国の割合が高いのが気に入りません。
今後10年~を考えるのであれば、アフリカ等の新興国の割合を上げてしかるべきと考えます。

よって、VTには投資しないことにしました。

目指せFIRE!