Web Analytics Made Easy - StatCounter

aotakoblog

FIREへの道!目指せ6000万円

投資先としてのロシア【RSX】【ERUS】【RUSL】【RSXJ】【03027】

f:id:aotakoblog:20210514003047j:plain

こんにちは!
FIREを目指す、40代独身会社員のaotakoです。

 

今日はBRICSの一角であり、人口約1億4680万人、国別GDP11位の
ロシアのETFを取り上げたいと思います。

(注:SBI証券だと、モスクワ証券取引所上場のロシア「個別株」の、
   取り扱いがありますが、
   モスクワ証券取引所上場のロシア「ETF」の取り扱いはありませんので、
   あくまでアメリカと香港に上場しているロシアETFです。)

 

RSX vs ERUS vs RUSL vs RSXJ vs 03027

銘柄

管理会社

純資産
(100万ドル)

平均
出来高

経費率

配当率

年初来
リターン

5年
リターン

RSX

VanEck

$1,801.19

5,251,474

0.67%

2.92%

11.72%

92.17%

ERUS

ブラックロック

$513.53

 179,787

0.59%

3.88%

10.94%

91.15%

RUSL

Direxion

$ 64.93

 110,026

1.23%

1.34%

21.23%

-6.57%

RSXJ

VanEck

$ 32.82

    4,935

0.77%

4.32%

1.48%

86.70%

03027

DBプラティナム・アドバイザーズ

$ 6.03

    5,000

0.45%

0%

4.78%

-0.88%

(出典:2021年5月12日付ETF DB、モーニングスター

 

資産規模・出来高ともにRSXが一歩抜きんでています。

経費率は香港株の03027が一番低いです。

配当率は ロシア小型株ETFであるRSXJが一番高いです。

5年でのリターンはRSXが一番です
(RUSLは2倍のレバレッジがマイナスに作用してます)。

ちなみに、SBI、楽天証券では
ERUS、
RUSL、
03027
が購入できる
ようです。

まとめ

ロシアは、合計特殊出生率が2015年の1.78をピークに減少に転じ、
2019年には約1.5まで落ち込んでおり、
人口ボーナスが2025年には終了するともいわれています。

また、欧米による経済制裁もあり経済は停滞しています。

従いまして、ロシアという国単体で見たときに、その市場は魅力的には見えません。

aotakoは長期運用を前提にETFの買い付けを行っていますので、ロシア単体のETFにはノータッチです。

目指せFIRE!