Web Analytics Made Easy - StatCounter

aotakoblog

FIREへの道!目指せ6000万円

投資先としてのインド【EPI】【INDL】【GLIN】【INDI-D】【1678】

f:id:aotakoblog:20210513093707j:plain

こんにちは!
FIREを目指す、40代独身会社員のaotakoです。

 

近い将来に中国を抜き人口1位になることが確実視されており、
GDPもフランスを抜き、ドイツ、イギリスに迫っている(2021年9月9日現在6位)
BRICSのインド。

そのETFについて検討していきます。

 

EPI vs INDL vs GLIN vs INDI-D vs 1678

銘柄

管理会社

純資産
(100万ドル)

平均
出来高

経費率

配当率

年初来
リターン

5年
リターン

EPI

WisdomTree

$934.0

389,911

0.84%

0.66%

26.5%

73.5%

INDL

Direxion

$109.5

31,006

1.33%

 -

43.4%

-0.6%

GLIN

VanEck

$ 79.6

5,438

0.82%

0.18%

31.1%

-5.5%

INDI-D

ブラックロック

$105.46

3,250

1.03%

 -

22.89%

10.47%

1678

野村AM

¥9,799.00
[百万円]

939,700

0.95%

 -

29.21%

12.90%

(出典:2021年9月9日付ETF DB、楽天証券

 

SBI証券楽天証券で買える5つのインドETFのうち、資産規模・出来高ともにEPIが抜きん出ています。

経費率は最低のGLINでも0.82%といずれも高めです。

その割に配当率はいずれも0.8%以下と非常に低いです。

5年リターンはEPIとINDI-Dと1678がプラスとなっています。

(なお、INDI-Dはシンガポール株、1678は日本株となっています。)

 

まとめ

EPI、INDL、GLIN、INDI-D、1678の中で絶対に買うのであれば、
唯一リターンがプラスで配当もあるEPIを選びます。

ただ、配当率が経費率を下回ってるんですよね。。。

配当率が経費率の倍くらいあれば、ローリングの候補に考えるんですけど。。。

ちょっと物足りない、というのが正直なところです。

というわけで、aotakoとしてはインド単体ETFは見送ることにしました。

 

目指せFIRE!