Web Analytics Made Easy - StatCounter

aotakoblog

FIREへの道!目指せ6000万円

投資先としてのインドネシア【EIDO】【IDX】

f:id:aotakoblog:20210516163146j:plain

こんにちは!
FIREを目指す、40代独身会社員のaotakoです。

新興国の中でも、高い成長性、豊富な天然資源、2億7000万人を超える人口を抱える
インドネシア

そのインドネシアに投資できるETFが2つありますので、ご紹介します。

 

EIDO vs IDX

銘柄

管理会社

純資産
(100万ドル)

平均
出来高

経費率

配当率

年初来
リターン

5年
リターン

EIDO

ブラックロック

$333.94

486,406

0.59%

1.61%

-6.75%

4.69%

IDX

VanEck

$ 34.61

   8,563

0.57%

1.77%

-6.41%

6.21%

(出典:2021年5月11日付ETF DB)

 

EIDOの方が資産規模は約10倍、出来高は56倍超と段違いに大きいです。

ただし、経費率はIDXの方が若干低く、5年リターンもIDXが勝っています。

配当率はIDXの勝ちです。


ただ、この2つのETFの最大の違いは 

EIDOの71に対し、IDXの42という保有銘柄数の数と、
セクター割合です。

EIDOは金融セクターの割合が44%を超えるのに対し、
IDXは33%を超える程度にとどまり、その代わりに素材セクターが17%超でセクター割合で2位になっています。
(EIDOでの素材セクターは10%超にとどまり、セクター割合も4位にとどまっています。)

 

EIDO

f:id:aotakoblog:20210512173036p:plain

f:id:aotakoblog:20210512173103p:plain

 

IDX

f:id:aotakoblog:20210512173136p:plain

f:id:aotakoblog:20210512173146p:plain

 

まとめ

IDXはかなり小さいETFなので、流動性の部分がマイナスですが、
今後も素材セクターが好調と考えるのならば、良い選択だと思います。

EIDOはIDXに比べ経費率が若干高いものの、流動性の部分では問題なしです。
金融セクターが非常に多いので底堅いとも言えると思います。

aotakoはEIDOをローリング候補に入れ、インドネシア経済の成長恩恵を受けられるようにしました。

目指せFIRE!